人気ブログランキング |

カテゴリ:音楽を聴いて( 56 )

radikoエリアフリーを使っていて
時折J-WAVEを聞いています。
田舎者が首都圏のFM聞くのはカッコ悪いかもしれんが
FM長野がしょうもないので許してください。
首都圏の人だってTOKYO FMよりJ-WAVEのほうがいいとか言いそうだろ?

そのJ-WAVEを昼前から半日くらい聴いていて
チャート番組(クリス・ヘプラーのやつ)だったんですが
秋元康とかEXILEとかコリアン歌謡が流れないだけでも随分ストレスフリーです。

本当は気に入った曲をメモを取りながら聴きたいところですが
他事(屋根に茅葺を取り付ける作業)をしていたので諦めました。

FAITHという5人組が収穫でした。最近の伊那市出身は輝いている気がする!!



この衆がゲストに出ていました。
僕らが20歳のときなんて同世代つったらSMAPぐらいだった。

andropの「C」という曲も気になった。
前も書いたけど、この人んらとは以前、ウェルビー栄で一緒にサウナに入った。
そん時はユーチューバーだと勘違いしてたすみません。



新年始まったばっかだけど、バレンタインも近い。いいよ自分で買う。

あとは
小袋成彬の「NEWKIDS」がよかったな・・・YouTubeはなかった。
香取慎吾のなんか(複数曲が入っていた)も結構・・・
あのマヨネーズ馬鹿の香取。あっSMAPだった人か。

1位はKingGnuの「TeenagerForever」でした。あれちょっと煩い。
2位のTheWeekend「Blinding Lights」も最近よく聴く(MTVで)。


そんなわけで
読み手との遠心力が働く音楽ばなしでした。勝手ですまん。

by OuiOui1974 | 2020-01-12 22:11 | 音楽を聴いて | Comments(0)
台風が去った後だからでしょうか、夕方になっても暑さが引きません。本当に9月かよ。


25年前の話ですが
1994年(平成6年)の夏も
とてつもなく猛暑で、
僕の住んでいた岐阜県ドキ市ですら
38℃を超えるような日もありました。

当時自称大学生だった僕は
夏休み中の8月のある日、
冷房のきいた部屋でグッタリしていました。
夕方からのバイトのことを考えるとユウウツで
暑いのに田んぼの稲が風で揺れていて
でも熱風なんでしょう?とか馬鹿な突っ込みを入れながら
聴いていたのは
ラヴェルの三つのシャンソンでした。



二曲目の「楽園の三羽の美しい鳥」という歌が
季節の終焉を語るような夕空を想起させる
儚くも美しい旋律で、
ガーディナー指揮、モンテヴェルディ合唱団の素晴らしい演奏を
残暑厳しい午後、横になりながら身体に馴染ませていました。

結局午後4時くらいには家を出て
バスとJR、地下鉄を乗り継いで1時間くらいかかる
バイト先に向かうのです。夜勤だから帰ってくるのは翌日11時。長っ。
そのバイト自体は週1なので夏休みとか関係なくやっていて
(そもそも3年間続けた)
ただ、あの暑い中バイト行くのかようと思ってたのが懐かしくて、
また、茜空を見ているとラヴェルのシャンソンを思い浮かべるのは
25年後の今も同じだな、と
今日帰り際に思ったのであります。

IMG_20190909_181649

Aコープの壁は高圧洗浄かけたほうが・・・とか余計なことを思いつつ。

by OuiOui1974 | 2019-09-09 20:32 | 音楽を聴いて | Comments(0)
鬼束ちひろの「We can go」の一節に
こんなのがありました。

「どうか完全なものたちが そこら中に溢れないように」


2001年の春、この曲を聴いていた頃の僕は27歳でした。
そして
2018年の冬、もうすぐ45歳になりますが
ふたたびこの歌を聴いて
優しい言葉に触れることができました。

さあ、あと半月ちょっとで今年も終わりです。
がんばろう。

by OuiOui1974 | 2018-12-13 22:17 | 音楽を聴いて | Comments(0)

明日も頑張ろう

Schroeder-Headz「NEWDAYS」(Youtube)

朝が来るのを楽しみに思える、
そんな人になれたらいいな。


by OuiOui1974 | 2018-11-05 22:24 | 音楽を聴いて | Comments(0)

Coldplay「Viva la vida」
日本語タイトルは「美しき生命」。人生万歳!!という感じでしょうか。
コールドプレイの曲はこれ以外あまり知りませんが、かっこいいなって思います。

そのViva la vidaを五木ひろしが歌ってるという怪情報を聞き
探してみました。五木ひろしの新曲とのこと。
NHKのど自慢でゲストとして歌ってたようです。



五木ひろし「VIVA・LA・VIDA!~生きてるっていいね!~」
全く違う曲でホッとしたというか残念というか。
インパクトあって、悪くはない・・・ような気がする。
頭でぐるぐまわってそのうち鼻歌が出そうだ。

by OuiOui1974 | 2018-10-07 21:08 | 音楽を聴いて | Comments(0)

スティーブ・ライヒ


Six Pianos, Steve Reich(YouTube)

最小限の音楽要素で反復しながら作曲・演奏される音楽、
これをミニマルミュージックというそうです。
CM音楽に出てきそう。

スティーブ・ライヒなんて今まで全然知らなかった。
これは1973年の作品。僕生まれてないよ・・・。

※同時期に日本で流行ってた曲↓



by OuiOui1974 | 2018-09-04 21:55 | 音楽を聴いて | Comments(0)

3代目ふざけんなよ

FMラジオで「それではお聴きください、J soul brothersで"メイクイットマイン"」と紹介されて
続いた曲が渋くて、
3代目Jソウルブラザーズの前の人はこんなのも歌うんだあと
結構感動していたんですが
ジェイソン・ムラーズ(Jason Mraz)の間違いでした。

ジェイソンムラーズ
ジェイソウルブラザーズ

ラジオだから間違いだったと思いたい。



でもエグザイルのHIROとかATSUSHIとかそういう人か知らんけど
歌ってたら、エグザイル関連を見直していたと思うと、いろいろ惜しい気分でいっぱいです。
by OuiOui1974 | 2016-11-08 19:00 | 音楽を聴いて | Comments(0)

「人生もっと楽しもう」



Wouter Hamel"Live a Little"(YouTube)


"live a little"をそのまま日本語にすると「あとちょっとイ㌔」になってしまいますが
どちらかというと
relaxing and enjoying life、つまり「人生もっと楽しもう」という意味なんだそうです。
僕はよく知らないんだけど映画観てるとそういうセリフがたまに出るらしい。
リバリルゥとか言うのかな。ワタユトーキナバウほど聞かないけどな。

人生なんてつまんないよと思うことのほうが多いけど
ウーターヘメルのリバリルゥを聴いているうちは
たまにはルンルンウラウラな気分でいたいものだ、と思います。
by OuiOui1974 | 2014-04-09 21:38 | 音楽を聴いて | Comments(0)


「ロマンスの神様(明治大学混声合唱団さわらびコール)」(YouTube)


僕らが学校とかで合唱やってたときって
フォークソングばっかりでゲンナリだったので
こういうのがちょっと羨ましい。
まあロマンスの神様も20年以上前の歌だけど。
by OuiOui1974 | 2014-02-06 22:06 | 音楽を聴いて | Comments(0)


西城秀樹「眠れぬ夜」(オフコース)

ヒデキがカバーしているってのを
このブログの過去コメントで発見して
「マジかよ」って思ったんだけど、
聴いてみたら、そんなに悪くなかったと思うんです。
いいんじゃないかな、これ。
暑苦しいヒデキもいいけど、こんなのも青春っぽくて。昔の青春。





裕木奈江「想い出の散歩道」(アグネスチャン)

アグネスの歌なんですが、原曲を聴いたことがありません。
(矢野顕子が「Piano Nightly」でカバーしていたのを聴いただけ)
そして、裕木奈江が歌うところも初めてみたかもしれません。
アグネスも裕木奈江も好きではありませんが(アグネスは論外)
この曲は、しんみりする歌詞をうまく歌ってるなあ、と感じ入ります。
松本隆ってステキ。風街ろまん。


YouTube備忘録でした。
by OuiOui1974 | 2014-01-10 23:45 | 音楽を聴いて | Comments(0)