人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

OuiOui

死んだ迷いクジラに愛称をつけるような世の中を生きる

正月が過ぎましたが
初詣と称して神社で御札を買い神棚に飾り
翌年お焚き上げする一連の流れ、
あれを無機質な言い方に換えれば
「宗教施設で木を買い家で1年放置した後、燃やして処分するパターン」なわけで
参拝って共同幻想じゃないのか?と思わなくもないです。
なのに僕は毎年、参拝に行ってます。しかも複数。

神仏は何もしてくれない(と思ってる)のに
なんで寺社にお参りして寄附金(お賽銭)まで上げるのか・・・
鈴を鳴らして柏手を打って拝む行為、あれは
僕らの決意表明の場なのかもしれません、「今年は○○をやるぞ」みたいな。
最後付け加えるように「いるか分からんが神様みててくれ」などと空想する。
「決意の表れ」として賽銭を投げ、「記念グッズ」として御札を買う
(やっぱり擦れた考えかもしれない)。
変に人に主張しなければ
そのぐらいの温度でいいんじゃないかなと思います。

昨年はアニミズムの本を読んだこともあって
信仰について考えることが時々ありました。
信仰というと、どうしても胡散臭い面を否定できませんが
学問(宗教学・民俗学など)として読み解くことには
少し興味はあります。
却って変に信仰に嵌っていない立場
(しかも霊魂の存在など無いっ!と思ってる)から
宗教や信仰を俯瞰し知ることは有用なのかもしれないな、と。

モノも石も死者も生きている世界の民から人類学者が教わったこと

奥野 克巳/亜紀書房

undefined


これを読みました。また読後感想を書けたら。

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by OuiOui1974 | 2023-01-19 18:21 | 日々の出来事 | Comments(0)

常に出来心

by OuiOui1974
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31