人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

OuiOui

10年前の記憶:ようやく来た平穏な時間

 2008年(平成20年)3月に岐阜・中津川に帰ってきて、早くも復帰2度目の転職となったのが5月の連休明け。
 一つの会社の専属事務職は初めてで、税理士事務所勤務経験があるとはいえ、ちゃんと勤まるかなあ??と思いながら緊張の続く日々が始まりました。
 今回は勤務が朝8時から17時。残業は殆ど無し(ごくたまに会議だったり書類作成などで1時間程度残ることはありました)。土日祝日は休み。(これは後からですが)有休も完全消化。もう、超絶ホワイトでした。ただし給料はそれなり。だけど奄美にいたときのことを思えば十分生活できる額でした(奄美は一番最高で17万くらいだった)。
 そんなわけで、社会人となって10年以上来、一番時間に余裕のできる「幸福な生活」がはじまりました。もちろん学生のときのほうが時間はあったけど、お金とのバランスで行けば、この2008年~2011年の期間がもっともラクな生活でありました。

 職場は中津川市の市街地、間借りしているツマ実家はそこから40km近く離れた旧恵那郡加子母村(2005年に中津川市に合併)。
 朝6時に起きて支度をととのえ、7時に家を出ます。7時40分くらいに会社に到着して始業。
 そして夕方17時になり、だいたい5分かそこら経過するところで退勤します。帰りのほうが車が多くて一時的に渋滞しますが、それでも18時前には帰宅します。
 ツマが当時下呂市の職場で昼夜勤務だったので、食事は義母と私の2人でとります(義父はやはり下呂市で昼夜勤。僕以外働きアリの家だった)。家の手伝いとかも何もせず、夜もやりたい放題でした。21時くらいにはツマも帰ってきて、22時半ごろにどちらも寝る、という毎日でした。


ど田舎をポスターにする・その1

 休みの日も全く手伝いをせず、地区の清掃や行事ももちろん不参加で、あの居候は一体なんなんだと村でもウワサになっていたはずです。今になって思えばしまったなと反省はしますが、当時はどこ吹く風というか、まったく気にも留めていませんでした。
 仕事を始めて最初の頃は経済的にも余裕は無く、休みの日もせいぜい中津川や下呂などに行くか、家でグダグダと本やマンガ、インターネットにうつつを抜かす程度の過ごし方でした。
 日曜日など、ツマが日中仕事でいないときは「これで昼飯でも食え」と1,000円渡されていました。その1,000円と、いくらか自分の手持ちで、近所のスーパー(車で15分かかる)でパック寿司とビールを買って、日曜の午後を過ごすのが楽しみでした。「千円パーティー」と僕は呼んでいましたが、当時オジサンたちの中で流行った「センベロ(立ち飲み屋などで1,000円でベロベロになる)」に感覚は似てるかなと思ったりします。

 先に書いたとおり、僕は村の衆がどう思おうと気にしなかったので、近所をよくほっつき歩きました。出身者であるツマは少しは目を気にしていたようですが、僕にとってはこの田舎暮らしをとても気に入っていて、花とみどり、川の流れにある様々な色を探して昼も夜も散策しました。


IMG_1435

 やがて仕事も軌道に乗り始め、お金が手元に残るようになると、中津川市よりも外の町にも遊びにいくようになります。それはまた別の機会に思い出すことにしますが、それでも家で休みを過ごすときには、歩くことを楽しんでいました。ゴルフやパチンコに行くとかそういう遊びをしなかったのがいいのかどうかはともかく、自分なりの時間の過ごし方ができたのは、それまでの不安定な精神状態をずいぶんと落ち着かせてくれたんじゃないかな、と思っています。


名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by OuiOui1974 | 2018-04-21 18:12 | OuiOuiAward | Comments(0)

常に出来心

by OuiOui1974