なんとか生還その1

では、箇条書きで。

3月31日(木)
・夜9時半過ぎに鹿児島行きフェリー出港。
・港は見送りの方々や横断幕でいっぱい。
・面接のために上る私も「お別れ紙テープ」をバンバン投げた。
・奄美を離れる訓練校のマンドクセ先生は号泣。その隣で万歳三唱している私。

・港から遠のいて、携帯の電波も届かなくなった頃にマンドクセ先生とビールで慰労の乾杯。
・見送りにとても感激していた。「飛行機で帰るつもりだったけど船にして本当によかった」と。
・先生は疲労がかなりたまっていたようだが、酒が入るといろいろ半生を教えてくれた。
・で、私が話そうかと思った頃には半分寝ていたので打ち切った。

4月1日(金)
・朝8:30到着。
・先生と一緒に鹿児島の繁華街・天文館へタクシーで。
・その途中集団ケンカしてる小僧どもをみてビビった。朝からケンカとは、さすが天文館。
・朝マックを食べる(マフィンだのポテトだの魚フライだの)。妻にも食べさせたかった。うそ。
・タワーレコード(な、懐かしい・・・)でCDを購入。別に鹿児島で買わなくても。
・11時に先生と最後のお別れをした。笑顔でさよならしていったチクショ(泣)

・その後新しくできたショッピングモール「アミュプラザ」へ。
・とりあえず観覧車乗っとくか、と高所恐怖症であることを省みず一人で入場する。
・ふーん鹿児島だなぁおお桜島だ!程度にボーっと眺めていたところへ電話が入る。
・もうひとつの面接応募先(鹿児島)だった。急遽午後から面接を受けることに。
・観覧車どころではなくなりすぐさま着替え身支度・荷物整理・地図確認を突貫で。
・コンビニで髭剃りを買ってジョリジョリやっていたら血がワイシャツについてしまった。

・市内とはいえ郊外の何にもない場所に会社があった。愛知で言えば豊川みたいな。
・社長との面接はこれといってアピールに力が入らず手ごたえなく終了・・・。
・つーか怪しい雰囲気だった。緑一色、役満だぞこれは。 会社もそんなような名前。
・ものすごく疲れた体を引きずり市電で中心部へ戻り、ホテルへ。
・金をケチって2000円のコース料理(ビール一杯つき)で満足する。

c0057821_10113860.jpg


電話がかかってくる直前、観覧車からみた桜島。
トラックバックURL : https://ouioui1974.exblog.jp/tb/1359881
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by OuiOui1974 | 2005-04-03 10:13 | ワタクシ的できごと | Trackback | Comments(0)