2008年(平成20年)3月に岐阜・中津川に帰ってきて、早くも復帰2度目の転職となったのが5月の連休明け。
 一つの会社の専属事務職は初めてで、税理士事務所勤務経験があるとはいえ、ちゃんと勤まるかなあ??と思いながら緊張の続く日々が始まりました。
 今回は勤務が朝8時から17時。残業は殆ど無し(ごくたまに会議だったり書類作成などで1時間程度残ることはありました)。土日祝日は休み。(これは後からですが)有休も完全消化。もう、超絶ホワイトでした。ただし給料はそれなり。だけど奄美にいたときのことを思えば十分生活できる額でした(奄美は一番最高で17万くらいだった)。
 そんなわけで、社会人となって10年以上来、一番時間に余裕のできる「幸福な生活」がはじまりました。もちろん学生のときのほうが時間はあったけど、お金とのバランスで行けば、この2008年~2011年の期間がもっともラクな生活でありました。

 職場は中津川市の市街地、間借りしているツマ実家はそこから40km近く離れた旧恵那郡加子母村(2005年に中津川市に合併)。
 朝6時に起きて支度をととのえ、7時に家を出ます。7時40分くらいに会社に到着して始業。
 そして夕方17時になり、だいたい5分かそこら経過するところで退勤します。帰りのほうが車が多くて一時的に渋滞しますが、それでも18時前には帰宅します。
 ツマが当時下呂市の職場で昼夜勤務だったので、食事は義母と私の2人でとります(義父はやはり下呂市で昼夜勤。僕以外働きアリの家だった)。家の手伝いとかも何もせず、夜もやりたい放題でした。21時くらいにはツマも帰ってきて、22時半ごろにどちらも寝る、という毎日でした。


ど田舎をポスターにする・その1

 休みの日も全く手伝いをせず、地区の清掃や行事ももちろん不参加で、あの居候は一体なんなんだと村でもウワサになっていたはずです。今になって思えばしまったなと反省はしますが、当時はどこ吹く風というか、まったく気にも留めていませんでした。
 仕事を始めて最初の頃は経済的にも余裕は無く、休みの日もせいぜい中津川や下呂などに行くか、家でグダグダと本やマンガ、インターネットにうつつを抜かす程度の過ごし方でした。
 日曜日など、ツマが日中仕事でいないときは「これで昼飯でも食え」と1,000円渡されていました。その1,000円と、いくらか自分の手持ちで、近所のスーパー(車で15分かかる)でパック寿司とビールを買って、日曜の午後を過ごすのが楽しみでした。「千円パーティー」と僕は呼んでいましたが、当時オジサンたちの中で流行った「センベロ(立ち飲み屋などで1,000円でベロベロになる)」に感覚は似てるかなと思ったりします。

 先に書いたとおり、僕は村の衆がどう思おうと気にしなかったので、近所をよくほっつき歩きました。出身者であるツマは少しは目を気にしていたようですが、僕にとってはこの田舎暮らしをとても気に入っていて、花とみどり、川の流れにある様々な色を探して昼も夜も散策しました。


IMG_1435

 やがて仕事も軌道に乗り始め、お金が手元に残るようになると、中津川市よりも外の町にも遊びにいくようになります。それはまた別の機会に思い出すことにしますが、それでも家で休みを過ごすときには、歩くことを楽しんでいました。ゴルフやパチンコに行くとかそういう遊びをしなかったのがいいのかどうかはともかく、自分なりの時間の過ごし方ができたのは、それまでの不安定な精神状態をずいぶんと落ち着かせてくれたんじゃないかな、と思っています。


[PR]
# by OuiOui1974 | 2018-04-21 18:12 | OuiOuiAward | Trackback | Comments(0)

その後の自治会活動

新年度になって2週間近く経ちますが
今年は自治会関係の役員が重なりまくってしまいました。
まだここにきて2年ですが
昨年の公民館委員に加えて
今年から組長・青壮年会班長というよく分からない肩書がつきました。

昔、まったくこういうのに縁がなかったとき、
あれは奄美だったか中津川だったか忘れましたが
自治会の役員、特に位の高いほうになると
ご自宅に「自治会長」とか「会計」といった札が架けられているのを見て
「うわっ自称自治会長」
「名誉職」などと馬鹿にしていたものです。
数年前までは、自治会活動なんて誰がやるかと思ってたし
別の町の自治会が日曜清掃で呼びかけしてると
アホじゃね?とまで思っていました。そのぐらい嫌悪してた。

家を持ち、そして自治会、組合に入って
置かれている立場も変わり、考え方、見方もガラッと変わり
まあ、本当のことを言えば役員なんてすき好んでやるわけがないんですけれど
かつては町づくりに尽力されている方に対して心無いことを思ったのを
深く恥じつつ、今度は僕が町づくりに力を出せるよう、取り組んでいきたいと思っています。

これは2007年3月に書いたものです。
確かに、バーベキューだけ参加なら、楽だよねえ・・・。


[PR]
# by OuiOui1974 | 2018-04-11 20:05 | ワタクシ的できごと | Trackback | Comments(0)
いつも利用している動画販売配信サイトでレビューを書くとポイントが付くということで
最近、頑張ってレビューを書くようにしています。
自分が購入したものしか書いてはいけないようですが、
確かにレビューがあると購入の参考にはなる(アマゾンでもそうだし)ので
たとえ主観的でも思いを綴って、他のユーザーの選定の一助になればと思います。

まあアダルトですが。僕はDMMよりもソクミル派。

[PR]
# by OuiOui1974 | 2018-04-09 21:54 | ワタクシ的できごと | Trackback | Comments(0)

車を買い替えました

2013年(平成25年)に購入したスバルステラ。


IMG_5248

(5年近く利用してきたけど、意外にボロくないな・・・と思いつつ)
2回目の車検前に手放して
今回、スズキハスラーに替えました。昨日が納車日。


IMG_5445

前のステラ、ダイハツムーブのOEM車だったこともあって割と普通な車だったのですが
ハスラーは、結構特殊なデザインではあります。オモチャをデカくした感じ。
通勤時坂道を走行することの多いツマの意向もあって4WDにしました。これははじめて。
あと、Sエネチャージという、マイルドハイブリッドもついてる。もちろんはじめて。
ドライブレコーダーもついてる。同じくはじめて。
あとはいろいろありますが、今の車の技術進歩に驚くばかりです。
正直僕がスズキの車のユーザーになることも想像していませんでした。
(なんかスバルとかダイハツをウロウロするのかな・・・と思っていたので)

駐車スペース、その他事情(お金とか)でまたまた軽自動車となりました。
まあ、家族2人だし殆どツマの通勤用なので、それでもいいんだろうな。
一応SUVになるので、ツマはアウトドアに目覚めるべきだと思います。
東京マルイのボルトアクションライフルを買い与えれば、なびいてくれるかしら。
c0057821_21471236.jpg

















※参照


桜も散ってしまったのに、今日雪が舞いました。いろいろおかしいね。

IMG_5456


[PR]
# by OuiOui1974 | 2018-04-08 21:49 | 写真と話す | Trackback | Comments(0)

ああピアゴよ お前もか

ピアゴ飯田駅前店が今年の秋に閉店するというニュースが
信濃毎日などの新聞に載っていました。
建物自体が古い(1974年開店)ので
次のテナントというのも厳しいと思われます。

これは、特に飯田市の丘の上と呼ばれる地区の住民には痛い話です。
僕もその地区にいて、まあ自宅はAコープ(農協)が至近距離にあって
当面は買い物難民にはならないと思いますが
この辺に住んでいる爺さん婆さんは、本当に困ってしまうことになります。

もしこのままスーパーが建たないとなれば
コンビニか、宅配サービスなどを利用するしかないのでしょうか。
宅配は、そんなに盛んになっているとは思えないのですが・・・。

前から駅前のピアゴは「いつ店をたたんでもおかしくない」とは言われてきてから
随分経つので、「ああ、ついに」という感じもします。
しますが、それでも・・・厳しいです。
Aコープは近いけど、結局ピアゴも利用してたんです。
あそこの弁当結構好きだったのよ。海苔弁とか。
あと3階のフードコート(カザマツリ)も。
大雪んとき昼にビール2缶飲んだのもいい思い出。

丘の上がどんどん寂しくなるなあ。

[PR]
# by OuiOui1974 | 2018-04-06 18:36 | ニュースを見て | Trackback | Comments(0)
暮れの春


IMG_1317


加子母


IMG_1072


福岡町


IMG_1011


IMG_1446


2008年5月31日


 中津川市(加子母・付知・福岡)と、下呂市宮地の写真です。すべて2008年(平成20年)3月~5月より。
 今住んでいる飯田よりもずっと田舎で、それでも花やみどりがいっぱいで、とても気に入っていました。

[PR]
# by OuiOui1974 | 2018-04-04 20:20 | OuiOuiAward | Trackback | Comments(0)
NHKの連ドラ「半分、青い。」が始まりました。
前回の「ワロテンカ」があまりにも酷かったので
それより面白ければいいやという気持ちでは観ています。
食堂でプロ野球中継を見るシーン、確か巨人―中日戦で
ナガシマと思しき人物がヒットを打ったとき客のほとんどが喜んでいましたが、
舞台は岐阜県東部(岩村町?)なのに、なんでYGファンが多いのか非常に疑問でした。
ちなみに僕の住んでる飯田も、なぜかYGファンが多いように感じます。あいつらおかしい。
ともかく、新ドラマには期待しているところですが、
劇中使用されているいわゆる「東濃弁」は、聞いてて恥ずかしくなります。
あんなのよく20年以上使ってたわ・・・。
風吹ジュンとか松雪泰子とかに「まーあかん」とか言わせるんじゃない。

IMG_5437


IMG_5438

今年は春の到来が早くて、桜も4月スタートよりも前に咲きそろってしまいました。
写真は土曜日のものですが、しばらく天気もよかったので
今日も最高気温が25℃あって、ちょっと身体がついていけてないです。


IMG_5411


IMG_5426

それと、11月くらいから作り始めて途中飽きて放置していた
丸子宿も完成しました。明かりがつきます。以上。


[PR]
# by OuiOui1974 | 2018-04-02 20:20 | Trackback | Comments(0)

鷹さんwww

[PR]
# by OuiOui1974 | 2018-03-28 21:30 | 目に付くものを見て | Trackback | Comments(0)
 岐阜・中津川のツマ実家に居候するようになったのが2008年(平成20年)の2月末。その当時は、あくまでも仮住まいのつもりで、ある程度経ったらまた別の場所に移るつもりでした。
 その頃は、なんとなく長野の駒ヶ根を思い浮かべていてあれはなんだったんだろうと思うのですが、結局今こうやって同じ南信地域の飯田に住んでいるあたり、おぼろげに真剣(?)だったのでしょう。


 さて、中津川にきて、どちらにしろとりあえず仕事、ということでハローワークの情報なども見ていたわけですが、「まずは以前もやっていた工場の仕事なんかはどうか」と家族に言われ、その3年前にお世話になった派遣会社に紹介してもらい、機械組立の仕事(期間工)をやることにしました。
 平日の朝勤(6:00~14:45)、夜勤(14:45~23:30)の週交代制。自動車のカーナビを組み立てる工程で、何か貼ったり取り付けたりをしていたはずです。それをひたすら繰り返す。正味7時間くらいだったか。
 前の職場では半導体のテスト作業をやっていて、あれはテストの種類がたくさんで時間に追われることが多く、けっこうしんどかったけど最後のほうはそれほど嫌々ではなく仕事できていました。
 それに比べて、このカーナビの職場はやることが限られていてしかも作業スペースが畳1枚くらいしかなくて、とても窮屈でした。もともと集中力が持続せず、ウッカリが多い人間なので、何度聞いてもミスするし、さして年齢も変わらない先輩からど叱られるしで、入って数日でやる気が目減りしていきました。
 休憩の食堂もグループで固まっていて(ベテラン組とか、外人組とか)別に一人飯は嫌でもないけど、談笑する集団に囲まれて静かにするのはかなりきつかったです。

 入って10日目の夜勤、一工程を飛ばすミスをして例のごとく上長に問い詰められ、うまく言い訳できないとさらに糾弾されて、ああ、こりゃもう無理だなと思い、休憩中にツマにメールで「ごめん無理」と伝え、なんとかその日は勤務終了まで居座りましたが翌日朝、派遣会社の担当に「嫌なんで辞めます、もう行きません」と言って辞めさせてもらいました。
 派遣の担当さんにはその数日前に「ちょっとついていけない」と相談したことがありました。今回やっぱり辞めると伝えて「お前ふざけんなよ」とか言われるかと思いましたが、慰留されつつも色々宥めてくれて、最後まで誠意を感じる対応をしてくれて、工場は最悪でしたが派遣にはそういう気持ちも持たずに辞めることができました。

 自分に合う仕事かどうかはやってみないと(そして続けてみないと)分かりません。今回だって職種は違えど工場勤務は経験があって、なんだかんだ言いながらもできるだろうと思っていました。仕事に自分を合わせることも肝心だと今でも思いますが、この組立仕事ばかりは例外でした。なお、この工場は2008年冬期以降、不況の影響で派遣・請負社員の雇用を打ち切ったそうで、どちらにしても僕があの工場で生き残る術はなかったはずです。
 販売、配達、講師、事務、そして工場と、社会に出て10数年の間に様々な仕事を経験して全て失敗し、もうどうしようかと思ってしまいました。次の仕事、あるのかな、と。ただそんな僕にもツマ実家の人々は「まあ、焦らなくてもまた仕事を探せばいい」と言ってくれて、本来なら「早く飯代払えボンクラ居候が」と思うだろうに、とりあえず引き続き食事を出して寝床を使わせてくれて、感謝するほかありませんでした。

 実は僕自身、退職の焦りよりは苦痛な仕事から避けられてホッとしていて、そんなに落ち込まずに済みましたが、記録によると退職を届けた当日にハローワークに出かけ、求職票をもらい応募しています。十分焦っていますね。結局その応募した設備業の会社に入社することになりました。工場を4月23日に退職して、5月の連休明けに転職したので、今回は無職期間が半月程度で(僕の中では)短いほうでした。

 心身のバランスを崩して2003年から2008年春(ほとんど奄美大島移住期間)不安定な暮らしをしていましたが、このころようやく長いトンネルの終りが見え始めてきた、という感じでした。
c0057821_16124857.jpg















 これはその工場勤務2日目くらいに、駐車場へ戻る道にあった桜(当時の携帯の画像が残ってた)。


[PR]
# by OuiOui1974 | 2018-03-27 19:59 | OuiOuiAward | Trackback | Comments(0)

読書

次に2日も休みのある金曜日は、それがプレミアムフライデーとか関係なく嬉しいものです。
こうやって書く直前にプレミアムフライデーという単語を思いつきました。
前も書いたけど、あれどうすんのかね。


ツマの影響で、最近また図書館に通う機会ができました。
以前はひとりで5,6冊借りていましたが、そこまで読めないと思い
最近はよくて2冊どまりです。2週間で2冊。それでも読めるか不安。

今借りてるのは
角田光代の「森に眠る魚」と
帚木蓬生の「やめられない―ギャンブル地獄からの生還」です。
なんかもう少し明るくなるような本を読めばいいのに、と自分でも思います。

あと、買った本が2冊あります。どちらも日本の近現代史をテーマにしたものです。
ちゃんとこの辺を勉強したいなあと思って、集中的に読んでいます。

パソコンとかゲームとかやってると
ちっとも本に目が向かなくてよくありませんが、
活字を辿る楽しみを忘れないようにしたいものです。



宮内優里のこの曲は、「本の海を彷徨う」ような感覚がとても心地よいと思います。

「扉開けて 紙の中へ
僕は友達がいる 別の世に」
別の世が本の中なのか
それとも
本の世界に嵌ってしまってそこから見ているのか
なんて、考えてしまいます。

「僕には妻がいるの 別の世に」
これは、大変ですね。


[PR]
# by OuiOui1974 | 2018-03-23 18:20 | ワタクシ的できごと | Trackback | Comments(0)

常に出来心


by OuiOui1974