これから面倒な作業をするとき、
小さく「どっこいしょ」とつぶやくことにしています。
ああ面倒くさいな、でもやるか、
うんとこどっこい、どっこいしょ と。
そうすると、ちょっと心に余裕ができ、落ち着いて対応できることが多いです。

一方で八方塞がりな状態に陥ったとき
無意識にか、
「しまったしまった しまくらちよこ」
「こまったこまった こまどりしまい」
という、島木譲二のギャグが口に出る時があります。
こんなフレーズを言う時は、実際にはそれほど困っていないのかもしれませんが
さきほどの「どっこいしょ」と同じく
自分で一呼吸入れたくて、ついつい口に出ているんだと思います。

長野県では吉本新喜劇は放映していないし、
そもそも島木譲二も5,6年前から体調を崩して新喜劇に出ていなかったそうで
パチパチパンチ、ポコポコヘッド、いい音鳴子、スピードハットといった
実にくだらないギャグからも随分離れていたはずなのに
いまだに、僕の中では再生が続いているのです。
刷り込まれているんだな、僕の記憶の中に。

きっとこれからも、少し頭が煮詰まって

困ったなあ
こまったなあ
こまったこまった
こまどりしまい

と、繰り返し言うことでしょう。

島木さん、ありがとうございました。


[PR]
# by OuiOui1974 | 2016-12-17 21:00 | ニュースを見て | Trackback | Comments(0)

自分と仕事

今の仕事は事務全般です。
総務と経理、社内情報と金を扱う仕事と言えばいいのでしょうか。
本来、几帳面でなければ務まりませんが
僕はどうもズボラというか、うっかりが多いので
適性が無いんじゃないかとたまに思うことがあります。
そう思いながらも今の会社で5年、前職あわせて10年近くになるので
今さら遅いわというところでしょうか。
うっかりが多いのなら、人の3倍時間をかけてチェックしなければなりません。
おかげで強迫神経症じゃないかなっていうくらい、何度も同じチェックを繰り返しています。
少し悩みの種。

適性って言葉を出しましたが
今でも、僕にこの事務仕事が合っているかというと、分からなくなります。
ただ、営業向きではないのは間違いない。
今でもたまにお前くたばれとか、壁に囲まれて仕事したいとか思うし
対人折衝に力を発揮したいとか、思わないです。
事務をやっているのは
たまたま(失業時に取得した)資格で入れる仕事が見つかったからです。

今まで生きてきたなかで、ふとやりたいと思う仕事はいくつかありました。
そのうち、やりたいと思うものに就いたこともありました。
一番最初になった書店員もそうだったし、塾の先生ってのもやった。
結局それらは長続きせず、事務をやっていますが
20代のころは、まさか自分が事務職に就くとは思いもしませんでした。

適性があるわけでもなく好きで事務をやっているわけではなくて
ただ気が付けば割と長い間続いているなあ、という感じです。
それでも、経理というか、会計の大枠が読めるのようになったのは
この仕事をやってよかったことかもしれない。
でも、経済用語とかちっとも分からんことも多くて
そこはもう少し勉強しないと、ちょっとまずいかなって思います。
保険と金融商品は、業者にリードされたくないなあ。
ファイナンシャルプランナー、もう一度チャレンジしたほうがいいかもしれません。
[PR]
# by OuiOui1974 | 2016-12-10 22:33 | ワタクシ的できごと | Trackback | Comments(0)

飯田までと、飯田から

 僕は生まれてから今まで、岐阜県(土岐市・中津川市)、愛知県(尾張旭市・春日井市・名古屋市)、鹿児島県(奄美市)、長野県(飯田市・諏訪市・富士見町)を転々として生活してきました。一番長いのが実家のある土岐市(22年)で、短いのは諏訪市(3ヶ月)でした。諏訪のときは直後に富士見に移ったので、「諏訪地域」で合わせると9ヶ月です。それでも1年に満たないですが。
 2番目に長いのは今住んでいる飯田市で5年。そのあとは中津川市(のべ4年8ヶ月)、奄美市(のべ3年11ヶ月)、名古屋市(3年3ヶ月)と続きます。中津川市は22歳のときと34歳のときに移転、奄美は諏訪富士見をはさんでいるので、2度にわたり生活しています。
 奄美以外は比較的狭い範囲(愛知・岐阜・長野県南部)で移転しているので、全国の彼方此方に移り住んでいる、というほどではないです。転勤族の方のほうが余程飛びまくってるんじゃないかな。
 僕はあまり地域に根付いて暮らすことを望んでいないし、できれば色んな町で多くの体験をしていきたかったのですが、それだといつまでたっても貧乏のままですし、「老後なんて無い!!」と粋がるほどの自信と体力も無くなってきたこともあり、たまたまサイコロの目で進んだ今の飯田に根を下ろした、というところです。


IMG_4507

 その飯田市、住んでいく上で思うところがいくつかあります。
 実用的な移動手段には鉄道路線があってほしいのですが、JR飯田線は全く役に立ちません。「落ち葉のせいで車輪が空転してダイヤが乱れる」「倒木でダイヤが(略)」「シカとかイノシシが邪魔をして(略)」など、外国の鉄道並みに当てになりません。リニア新幹線は11年後に開通しますが、そんな先のことは・・・という感じです。
 飯田は観光地とは言い難い町で、僕らの生活には関係ないとはいえ、あまりにもマイナーなので、誇りというのかな、この町で住んでます!って声高に言えないのは、ちょっと寂しいかも。町を歩くのはそこそこ楽しいですが、日曜日昼間の商店街は人を見つけるのが大変なくらい、いません。さっきのとは別の意味での寂しさもあります。
 夏は普通に猛暑で、冬は南とはいえ信州なので寒いです。-10℃まで下がるのは厳しい。雪は少ないとはいえ平地に比べればずいぶん降ります(たまにとんでもない大雪にもなる)。こればかりは、慣れないだろうな。
 飯田だけでなく信州全体にいえることですが、郷土愛の強さをひしひしと感じます。奄美も強い郷土愛を感じるときがありましたが、それに匹敵するくらい。いいことなのだと思いますが、県外から来た僕は違和感を持ちます。
 まあ、程よく田舎というか、「住めば都」という言葉が本当に良く似合う町です。僕が大都市に暮らした経験は無く、そのことがこの町を受け入れるのには好都合だったのだと思います。
 さっき書いたとおり暑くて寒いけど、雨は少なく湿度は低めです。台風の被害は僕が来てからは一度もありませんし、過去、これからも僅かだと思います。
 こうやって書くと(行数だけでは)飯田はもういいだと言われそうなくらい、いいとこが無さそうですが、「外からの人間にもハードルは低いほう」なのは確かで、随分住み良いなというのが、総じての印象です。
[PR]
# by OuiOui1974 | 2016-12-07 20:58 | Trackback | Comments(0)
2013年1月1日

東日本大震災のあった2011年(平成23年)11月末に
南信州・飯田に住み始めました。それから5年。
濃密な時間だったはずなのに、過ぎてしまうとそれも一瞬のようでした。

ここでもいろいろ触れてきたし、今は特段付け加えるべきこともありませんが
家持ちになったことで、これからも長くこの町で生活することにはなります。
普通は実家、またはもう少し身近な場所で落ち着くはずなのですが
僕らが、そういう選択をしなかったのも定めだったのでしょう。

もう少し書くことがあったかもしれませんが
また日を改めて、ということにしておきます。
[PR]
# by OuiOui1974 | 2016-12-02 20:59 | 写真と話す | Trackback | Comments(0)

銀杏並木

IMG_4488

上伊那郡中川村の
いこいの広場という場所で
銀杏並木の黄葉が見ごろだということで行ってきました。

銀杏並木じたいそれほど珍しいものでもなく
あと、独特の臭いがあるので、
カエデなどの紅葉狩りと違ってあまり長い時間楽しめるものではありませんでした。
わざわざ中川村まで出向く必要があったかといえば、うーん。


IMG_4495

でも、天気がよかったおかげで
晩秋らしい一コマを見ることはできてよかったです。
[PR]
# by OuiOui1974 | 2016-11-13 15:49 | 写真と話す | Trackback | Comments(0)

ワショーイ!!完成版

IMG_4500

(1/10木製建築模型 ミニみこし(ウッディジョー社))

紅白の飾り紐をグリグリさせて、一応完成です。
普段は部屋の中に置くようなものですが
外に置くと、青空に映えて
ちょっと「らしく」見えるような気がします。


IMG_4498

今まで作ってきた模型の中でも
それほど難しいレベルではありませんでした。
かなり不器用な自分でもごまかしが効いたというか。
時間がかかっても丁寧にできる人なら
もっときれいに仕上がるだろうなと思うと、ちょっと残念な部分も。
どの模型にも共通の、これからの課題です。

今年は帆船、神社、かやぶき小屋(2回目)、そしてこのミニみこしと
4つの模型を取り組むことができました。
もしかしたらあと一つやるかもしれません。分からんけど。
急ぐことなく、楽しみたいと思います。
[PR]
# by OuiOui1974 | 2016-11-12 21:02 | モノを作る | Trackback | Comments(0)
民主党に政権交代させた
あの頃の日本人と同じなのかなあ、と思わされた
アメリカ大統領選挙でした。終わりの始まり。



過日の討論会がデュエットに見えると話題になった一コマ。

2日連続でユーチューブUP。
今日の日は、さようなら。
[PR]
# by OuiOui1974 | 2016-11-09 21:13 | 目に付くものを見て | Trackback | Comments(0)

3代目ふざけんなよ

FMラジオで「それではお聴きください、J soul brothersで"メイクイットマイン"」と紹介されて
続いた曲が渋くて、
3代目Jソウルブラザーズの前の人はこんなのも歌うんだあと
結構感動していたんですが
ジェイソン・ムラーズ(Jason Mraz)の間違いでした。

ジェイソンムラーズ
ジェイソウルブラザーズ

ラジオだから間違いだったと思いたい。



でもエグザイルのHIROとかATSUSHIとかそういう人か知らんけど
歌ってたら、エグザイル関連を見直していたと思うと、いろいろ惜しい気分でいっぱいです。
[PR]
# by OuiOui1974 | 2016-11-08 19:00 | 音楽を聴いて | Trackback | Comments(0)

続々・ワショーイ!!

IMG_4482

鳳凰とか台座を作って、あとは飾り紐を掛ければ完成です。
晩秋というか初冬というか、ちょっと季節外れになってしまいそうですが
今年中にできればいいやぐらいに考えていたので、
11月に仕上がれば良しとしようかなって思っています。

写真で見ると結構デカそうですが
1/10サイズで、高さも200㎜程度しかない、小さな模型です。
メーカーでは1/5サイズもあって、
そいつはレプリカといっても装飾を含めてかなり立派です。
さすがにそんなのを作るとお金や時間が飛んでいくので
僕がジジイになってやること無くなったら挑戦するかもしれません。

完成したら、また紹介したいと思います。


IMG_4481

関係ないですが、最近は寒さで窓も結露が少しできるようになりました。
(鉄骨造で窓だらけだった前のアパートに比べれば結露もわずかでありがたいです)
今年もあと2か月足らず、風邪ひきに気を付けていきたいものです。ワショーイ!!
[PR]
# by OuiOui1974 | 2016-11-06 07:40 | モノを作る | Trackback | Comments(0)
2008年 ベレッタM92F
見敵必殺


2014年 コルト357マグナム
2014年10月19日


そして、2016年 コルト25オート
IMG_4478


僕は男ですが、一般的な女性へのプレゼントに相応しいものは何か
それは概ね承知しているつもりです。
もちろん好みも様々あります。
しかし・・・ダミーとはいえ拳銃を3回もプレゼントする人生を歩むとは
かつて思いだにしませんでした。

ツマは今回も喜んでもらってくれました。
そもそも、今年のコルト25口径は
数年前から市内の玩具屋に陳列してあったシロモノで
ガラス越しにいつもため息するツマの姿を見ていたものです。
c0057821_18453397.jpg

(大体こんな感じ)

先に購入した2丁と違い、今回は発射機能がない、本当にただのモデルガンです。
そのかわり以前の東京マルイ製と違い、マルシンのリアル質感なイッピン。
別にサバイバルゲームするわけでもなく手元で眺めるだけなので、十分なのかも。
ミリタリー好き以外には不要な情報でしたが・・・。
僕もマルシンのコルトガバメントがほしい。
M1911。メタルギアソリッド3でスネークが使ってたやつ。


ツマは47歳になり、そして本日11月3日で、私たちも結婚して18年となりました。
結婚と同時にガキが生まれていたら、そいつがアダルトビデオ借りてもいいのです。
選挙権もあるんだった・・・大事なほうを忘れていました。
年老いていくのを実感するいっぽうで、精神年齢だけは後退するばかり。

なんとか2人で頑張っていきたい。


IMG_4479

まあ、不安はありますが・・・。
[PR]
# by OuiOui1974 | 2016-11-03 18:55 | 写真と話す | Trackback | Comments(0)

常に出来心


by OuiOui1974