カテゴリ:未分類( 150 )

飯田までと、飯田から

 僕は生まれてから今まで、岐阜県(土岐市・中津川市)、愛知県(尾張旭市・春日井市・名古屋市)、鹿児島県(奄美市)、長野県(飯田市・諏訪市・富士見町)を転々として生活してきました。一番長いのが実家のある土岐市(22年)で、短いのは諏訪市(3ヶ月)でした。諏訪のときは直後に富士見に移ったので、「諏訪地域」で合わせると9ヶ月です。それでも1年に満たないですが。
 2番目に長いのは今住んでいる飯田市で5年。そのあとは中津川市(のべ4年8ヶ月)、奄美市(のべ3年11ヶ月)、名古屋市(3年3ヶ月)と続きます。中津川市は22歳のときと34歳のときに移転、奄美は諏訪富士見をはさんでいるので、2度にわたり生活しています。
 奄美以外は比較的狭い範囲(愛知・岐阜・長野県南部)で移転しているので、全国の彼方此方に移り住んでいる、というほどではないです。転勤族の方のほうが余程飛びまくってるんじゃないかな。
 僕はあまり地域に根付いて暮らすことを望んでいないし、できれば色んな町で多くの体験をしていきたかったのですが、それだといつまでたっても貧乏のままですし、「老後なんて無い!!」と粋がるほどの自信と体力も無くなってきたこともあり、たまたまサイコロの目で進んだ今の飯田に根を下ろした、というところです。


IMG_4507

 その飯田市、住んでいく上で思うところがいくつかあります。
 実用的な移動手段には鉄道路線があってほしいのですが、JR飯田線は全く役に立ちません。「落ち葉のせいで車輪が空転してダイヤが乱れる」「倒木でダイヤが(略)」「シカとかイノシシが邪魔をして(略)」など、外国の鉄道並みに当てになりません。リニア新幹線は11年後に開通しますが、そんな先のことは・・・という感じです。
 飯田は観光地とは言い難い町で、僕らの生活には関係ないとはいえ、あまりにもマイナーなので、誇りというのかな、この町で住んでます!って声高に言えないのは、ちょっと寂しいかも。町を歩くのはそこそこ楽しいですが、日曜日昼間の商店街は人を見つけるのが大変なくらい、いません。さっきのとは別の意味での寂しさもあります。
 夏は普通に猛暑で、冬は南とはいえ信州なので寒いです。-10℃まで下がるのは厳しい。雪は少ないとはいえ平地に比べればずいぶん降ります(たまにとんでもない大雪にもなる)。こればかりは、慣れないだろうな。
 飯田だけでなく信州全体にいえることですが、郷土愛の強さをひしひしと感じます。奄美も強い郷土愛を感じるときがありましたが、それに匹敵するくらい。いいことなのだと思いますが、県外から来た僕は違和感を持ちます。
 まあ、程よく田舎というか、「住めば都」という言葉が本当に良く似合う町です。僕が大都市に暮らした経験は無く、そのことがこの町を受け入れるのには好都合だったのだと思います。
 さっき書いたとおり暑くて寒いけど、雨は少なく湿度は低めです。台風の被害は僕が来てからは一度もありませんし、過去、これからも僅かだと思います。
 こうやって書くと(行数だけでは)飯田はもういいだと言われそうなくらい、いいとこが無さそうですが、「外からの人間にもハードルは低いほう」なのは確かで、随分住み良いなというのが、総じての印象です。
[PR]
by OuiOui1974 | 2016-12-07 20:58 | Trackback | Comments(0)

Fieldworksというページ

インターネットを始めたのが1998年(平成10年)の年末でした。
そのうち「インターネットつながりの友達がやっているから僕も」という感覚で
ホームページも作りました。
そのうち飽きて休みますが
2001年(平成13年)10月、もう一度ちゃんと作って公開しようと決断して
現在でのアドレスのホームページを開きました。

c0057821_1621388.jpg


そのなかで、散歩日記のようなコーナー(名前は「Fieldworks」)を設けていました。
最初のうちは写真を1枚と、思うことを載せただけのページでしたが
外に出て行く際には、近所を散歩するだけでもデジカメを持ち歩き
あまり映り栄えしないようなものにもシャッターを押して
さらにやる気のない散文を添えてUPしていました。
牧歌的というか、やりたい放題できるいい時代だったなあなどと思います。
名古屋と奄美大島にいたときの、おおよそ3年、「Fieldworks」は続きました。

c0057821_17172538.jpg


やがてブログが主流となり、「Fieldworks」を含めたホームページの運営は停滞しますが
それでもブログを開設して1,2年目くらいは
毎日更新とか今では考えられないこともやっていて
その中で散歩日記的な流れは続きました。

c0057821_2253729.jpg


「名古屋郊外編」と「奄美大島編」では
有名どころではない場所も取り上げている部分は共通していますが
それでも自然豊かで本土とは文化も異なる奄美大島と
どこにでもある街並みの名古屋の違いは、厳然としてあります。
そして、今思えば僕自身がいきいきと綴ることができたのは
名古屋編のほうだったかなと思っています。
奄美はどうしてもガイドブック的になってしまっていて
飾りっ気があったのに対して
名古屋は何も紹介することがない分
先にも書いた「やりたい放題」に作成できた感がありました。
ホームページを始めてやる気があった頃と重なっていたからだとも思いますが・・・。

c0057821_21575988.jpg


ここに挙げた写真はすべて2002年以前のものです。
デジカメのデータは既に消失してしまったので、
ホームページ用に加工したこんな小さな画像しか残っていません。
そんな小さな写真でも、これから紹介できたらと思います。
[PR]
by OuiOui1974 | 2016-10-15 22:07 | Trackback | Comments(0)

明日引越しします

距離としては2kmにも満たない場所への引越しですが
賃貸から戸建てに変わる、ということで
人生の大きな転機にはなるかと思います。
前も書きましたが、自分が家持つとか、今でも信じがたい事実。



今までの場所は、飯田市に移って以来、4年半生活しました。
非常に便利な環境(特に通勤 徒歩20秒だった)で
町そのものも気に入っていて
離れるのは少し寂しい気がします。
下が会社なので今後も毎日来るわけですがwww

早く新しい生活に慣れて、初夏を満喫したいです。

2012年4月1日

これは4年前の窓景。
[PR]
by OuiOui1974 | 2016-04-22 18:29 | Trackback | Comments(0)
2011年3月11日金曜日、
僕は多治見市内の病院に入院していました。

ちょうど前日に手術が終わり
集中治療室から脱獄できてグッタリしていた頃。
自分だけでは寝起きもままならない状態で
見舞いに来てくれた親もちょっと鬱陶しいなあとか思っていて
テレビと窓のそとをボーっと眺めるしかなかった、午後2時半すぎでした。

多治見市は震度3程度で、
あの地震のときも、少し強いめの地震が来たなという程度の認識でした。
ただ、揺れる時間がいつもより長かったという印象は、ありました。
入院していた病棟は新築で、その辺怖さはあまり感じなかったものの
周りでは悲鳴に似た声も上がっていました。

テレビをつけて、宮城県か岩手県の内陸で震度7の地震ということで
これはえらいことが起きた、と思いました。
事態の深刻さを知ったのはこのあとの2回、
1時間も経たないうちに起きた大津波で飲み込まれる港・田畑・市街地の姿、
そして原発事故。

そんな中でも病院の看護師さん達は何も変わらず僕のケアをしてくれました。
僕も、自分が早く退院できるよう大人しく休むことが大事だと割り切っていました。
テレビはつけたり消したり程度で、あとは本を読み音楽を聴いて
その後数日程度、入院生活を過ごして、1週間で退院しました。



僕は被災地でも海辺でも、まして原発の近辺在住でもないので、
今では、あの大震災も過去の出来事に置いてしまいそうになります。
絆(きずな)、といわれても、もともとそういうのが苦手な人間としては
足枷にすら思えていて、共感できないというのが本当のところです。
他人は、当てにはできない。したくてもできないと思ってる。

ただ、震災や入院を契機として
人生を無駄に浪費するのはやめようとか、一日一日大事に暮らそうとか
今までとは違うことを考えるようにはなったと思います。
震災に限らず、事故などでいきなり死ぬかもしれない、
それは仕方のないことだ、
ただ、自分の命を軽んじるのは、ちょっと慎もう、と。

僕も42歳となり、世間では後厄(よく分かっていない)と言われていますが
確かに、最近身体の不調が彼方此方に出ています。
せめて我が身ぐらい自分の責任で健常に保てるよう
これから気を付けていきたい。
[PR]
by OuiOui1974 | 2016-03-11 06:04 | Trackback | Comments(0)

45

2014年11月1日

誕生日記念映画・「野獣死すべし」(1980年:日本)を観ています。
鹿賀丈史が土人のようで、ある意味松田優作を上回っています。
もちろん、松田優作の狂気じみた表情もたまらない。

<参考リンク>
2013年:44
2012年:43
2011年:42

今年のケーキも、セブンイレブンのこんなやつ。

2014年11月1日

それでも
どうしてもロウソクだけは灯したい。

2014年11月1日

あと、食べる表情は昨年よりはマイルドでした。これでも。


2014年11月1日

当の本人は、プレゼントをもらってうれしそうです。
コルトパイソン357マグナム(東京マルイのモデルガン)。
数年の夢が叶ったようでなによりです。
[PR]
by OuiOui1974 | 2014-11-01 22:10 | Trackback | Comments(0)

Just for today

薬物依存の回復支援施設を運営されている方の本を読んだのですが
その中で、"Just for today"という言葉が何度か出てきました。
「今日のためだけに生きよう」というような意味。
未来のことはとりあえずおいといて、
今日一日、24時間のことを考えよう、と。

仕事でも、普段の生活でも
とかく先のことを考えて不安になりがちになります。
考えるだけならまだしも、そればっかりに囚われてしまい
結果、目の前にある小さな(しかしより重要かもしれない)ことを
取りこぼしてしまうこともあります。
うつ病だったり、何かしらパニック状態になる、その前触れというのかな、
たいてい、先々のことを考えすぎて思考停止状態になる。僕はそうでした。

いろいろやることはあるけれど
とりあえず1日を頑張ろう
そんな単純にやっていけばいいんじゃないかな、と
改めて思いました。
[PR]
by OuiOui1974 | 2013-10-24 19:03 | Trackback | Comments(0)

1年の計は4日にあり

37歳になりました。
アラフォーなんて言葉でやんわり包むまでもなく
ほとんど40台です。
人生のいいところは終わってしまった(今までも良くは無い)けど
この1年、濃密な時間だったと思えるように
今までの過ごし方を振り返りつつ
1日1日を大事に使っていきたいと思います。
近年の流行語で
実社会における人間関係や趣味活動を楽しんでいることを指す
「リア充」という言葉がありましたが
まさに、リア充な1年間にしたいです。

具体的な目標も今日のうちに書き出しておきたいな。



さて、昨日のことですが
名古屋のジュンク堂書店(名古屋栄店)に行ってきました。
電車で片道1200円以上かけて本屋に行くというのは
まさに酔狂としか思えないでしょうけれど
それは仕方がない、
住んでるところが長野との県境にあるような辺境なもんだから。

買う本がはっきり分かっているときはAmazonでいいのですが
目的がなく、単に棚から選びたいときは大きな書店に行くしかないと
割り切っています。
というより、本屋で本を選ぶのが楽しい。
さらに言うならジュンク堂で本を選ぶのが楽しい。
名古屋にも三省堂や丸善、
最近は旭屋とかあおい書店などの大型書店がありますが
ジュンクしか行かないんです。
神戸に遊びに行ったときも三宮のジュンク本店だった。
東京や大阪だったらどこいくか分かんないけどな…。

専門書のコーナーに行くと、
「これ誰が買うんだよ」みたいな本のオンパレードで
そんなのが棚一本を占めていたり、何冊も積まれていたりで
ため息がでます。
先日行った骨董市ではありませんが、宝探しに出たような気分になります。
そこから選ぶ本は結局Amazonでも
(もしかしたら三洋堂のような田舎の本屋でも)買えるようなものだったりするんですが、
それでもたくさんの本と見比べながら買うことができるのは
本当に楽しいことだと思います。

昨年は数冊の本しか読まなかったので
今年はそれこそ、
この1年の
生きるヒントとなるような本に出会えたら、と思っています。


2011年1月3日


昨日は本屋に行く前に
性懲りも無くスカイボード(観覧車)に乗ってきました。
てっぺん近くは肝を冷やすんですが(そしてわめく)
高いところから遠くを眺めるのはすげい好きなんだよなー。愛憎。
[PR]
by OuiOui1974 | 2011-01-04 10:38 | Trackback | Comments(6)

666

結婚記念日特別ロードショー
「オーメン」を見ているところです。
キリスト教的宗教観にちょっとついていけないからか
あまり怖さを感じない、というのは
僕も昨年以上に精神的に成長した、といえるのでしょうか。
(昨年は「食人族」でした)
このあと「エレファント・マン」を観ます。古いのばっかり!!


2010年11月3日

13年目に入りました。
以前の荒波級の日々に比べれば
ここ数年は割と安定した関係に落ち着いている、というのが
僕の自己評価です。ツマはどう思ってるでしょう。
すぐ横にいますが映画に夢中なので今は聞くのをやめておきます。

普段から結婚記念日自体は大したこともやらなくて
今日も昼は寿がきやの味噌煮込みでした。
まあアレ美味いよね。ネギと卵入れて七味でズルズル。

誰がどう見ても年齢的にいい大人の部位に入る頃です、
我々も中年らしく社会の構成員たれ、と自戒しなければ。気持ちだけでも。
昼間っからカーテン締め切ってるとか、どうなんすかねえ。

来年は「サスペリア2」とか観るのだろうか。
アニバーサリー・ホラー・ショー。
[PR]
by OuiOui1974 | 2010-11-03 13:53 | Trackback | Comments(2)

41

今日はツマの誕生日でした。
前からプレゼントに何がほしいかを聞いていたのですが
自分で買ったブーツ2,980円でいいとか
僕に何も期待していないかのような発言を繰り返すばかりで
有耶無耶になったまま今日という日を迎えてしまいました。


今日、あっさりと仕事を切り上げて
帰り際にシャトレーゼ(菓子屋)でケーキを買いにいきました。
バースデイケーキとかだと
金も勿体無いしどうせ2人じゃ食えないし、ということで
ベイクドチーズケーキとミルクレープの端切れをチョイス。
小さな箱に入れてもらいました。
サラリーマン金太郎だったら
このあと寄り道したキャバクラでチンピラに箱を取り上げられて頭で潰されたから半殺しにする
という流れですがしませんでした。
メッセージを書く紙がほしいと思って店員さんに
「すみませんカードみたいなのもらえませんか」って頼んだら
「そうしましたらここにご連絡先とか書いていただきたいんですが・・・」と
申込書を出されました。
欲しいのはポイントカードじゃないんですよオネエサン(  ・ω・)


まあ、今日(今年?)のところはみみっちいケーキで事なきを得ましたが
次回はもうちょっと準備をしておきたいと思います。
山下達郎のサンデーソングブックの
誕生日おめでとうコーナーに投稿するとか。
[PR]
by OuiOui1974 | 2010-11-01 22:24 | Trackback | Comments(0)

夏の作文#2

「今 興味があること」

 ただでさえ書かなくなったブログを読み返してみると、わずかな日々事象の羅列だけでそれ自体はいいのですが、たまには外に目を向けて考えてみるのもいいかなあと思って、今日はこのテーマ?を選びました。
 かといって、パッと思いつくものもないので、新聞とかニュースを見ながらになりますが・・・。

 
 新聞に入ってきたチラシでよく見るのが家電屋のものなんですが、テレビとかパソコンとか、持っているもの(しかも今年買ったもの)ばかり見るんですよね。終わり。
 何が言いたいのか分からないですが、今、あんまり欲しいものは無いです。これまた「いいことじゃないですか」で終わっちゃうので駄目だな。
 欲しいものとか、お金を使いたい対象が「・・・ちょっとどうかな」みたいなものが多いんです。たとえば1万円で日本酒のいいところを買うというのも、実はやってみたいんだけど「別にワンカップでも変わらないよね」とか思うとそこで話は終わる。熟女AVを20本位まとめて見たいけど、自分でも馬鹿じゃないだろうかと思うし。どちらもいつかは叶えてみせる。すぐは無理かな。
 新聞と関係なくなってきた。新聞には「おばさん大乱交」とか載らないしね。ページをめくってみます。

 田原俊彦がダイアモンドホールで9月3日にライブをやるそうです。指定席7,000円。その上にドリカムが7,300円で日本ガイシホール。どちらも選びませんが、需要と供給のバランスとは何か?と疑問に思えてきます。

 岐阜県東濃地方で一番まともな連中が行くドキ商業高校が甲子園一回戦を突破。素晴らしいですね、トリトリ県の八つ頭をフルボッコの15-2。きっとトリトリ県の反感を買ったことでしょう。ドキ市出身者として誇りに思います。ついでにドキ商業に行きたかったです。

 円高です。困ったもんですね。海外旅行に行くほどの余裕はないし・・・。

 
 興味のあることを書こうと思ったのに、ただのボヤキで、駄目ですねこれでは。
 言い訳ですけど、風呂に入っている時とか、会社から帰るときとか、結構すごいこと考えることがあるんですよ。僕の思いっていうか、熱いものが。あれなんで忘れちゃうんだろう。
 
 そんなわけで、今日読まれた方、本当に申し訳ありません。がんばります。
[PR]
by OuiOui1974 | 2010-08-13 16:02 | Trackback | Comments(0)

常に出来心


by OuiOui1974